« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月20日 (月)

大人数参加企画誌のつくりかた。

誰かの役に立てば。
備忘も兼ねて。

1.参加者を募集
ツイッターやブログで募集したり、メールや口頭で寄稿をお願いしたり。

ポイント
:できるだけ早い段階で連絡先のメールアドレスを聞いておくこと。
 ツイッターなどのSNSのDMは、サーバーの状態によっては不達や遅配が生じるのでお勧めできません。
メールと違って一斉送信ができないので手間もかかるよ。

2.締切や形式などの連絡
イベント合わせで本を作る場合は特に、早めに連絡しよう。
ゲストさんも自分のサークルを持っている場合が多いです。
今回は6/12合わせのイベントで、一カ月以上前の5/1を提出締め切りに設定しました。

ポイント:
文字数や形式に関しての連絡も、早めに伝えておくとお互いに二度手間にならずに済みます。

3.編集
頂いた原稿の順番を考えたり、ある意味一番企画誌主催の手腕が問われる作業。
同時並行で提出期限に間に合わなかった人への催促も、何回かすることになるでしょう。
オフセット印刷や中綴じ製本にする場合は、ページ数を4の倍数にするのを忘れずに!

4.印刷・製本
原稿が集まって、ページ配分(面付け)もできたら、印刷です。
オフセットで作るなら、印刷屋さんに入稿。
コピー誌なら自分たちでがんばれ。
ちなみに今回は秋葉原制作所さんにお世話になりました。
場所代(三時間1200円)+コピー代実費で中綴じコピー本が作れるすてきなお店です。
次回のエントリで詳しく紹介します。

5.搬入
製本が早めに出来上がったら、一回自宅に送ったり。
イベント直前の製本だったら、直接会場に送ったり。
万が一誤字や配送事故があった時のために、数部は手元に持っておきましょう。

6.修正
万が一誤植があったら、紙を挟みこんだり、誤字部分を切り貼りして修正しましょう。
がんばれ!

ポイント:
修正する箇所にちょうど合うように、別の紙を切り貼りするときれいに修正できます。

7.当日
一人で主催した本なら、売り子を手配したり。
POPや値札を用意したり。
売上数と在庫の管理も忘れずに。

8.献本
ゲストの皆さんに献本するというのは、こういった企画誌では大事なことの上位に入るのではないでしょうか。
イベント当日に渡せる人には、できれば手渡ししたいもの。
そうでないなら、早めに郵送の準備をしておきましょう。

ポイント:
遠隔地にお住まいの方などの住所をメールなどでお聞きしたら、そのままwordなどにコピペしてあて名シールにすると誤字が無くていいです。

9.事後報告
販売部数や純利益など、伝えられる限りは参加者の方たちにフィードバックしましょう。
もし企画が成功して、主催者の手腕が認められたなら、また次回参加してくれるはずです。
頂いた原稿で作った本で利益が出た場合は、特に慎重に取り扱いましょう。


こんな感じでしょうか、私が今回蓄積したノウハウは。
誰かの役に立てば幸いです。

今回の企画のよかったところ
:一人一ページということが決まっていたので、編集に関しては見通しが立てやすかった。

今回の企画のよくなかったところ
:途中で主催を引き継いだので、連絡先に関してなかなかうまく引き継ぎができなかったこと。

次回以降企画誌を作りたい、と思ってる方がいたら、アドバイスしますよー。

2011年6月14日 (火)

文学フリマ2011/6/12:頂いた本・ペーパー・お会いした方々

久しぶりのサークル参加(しかも準備不足)でばたばたしていたということもあり、今回は買い物ができませんでした…。
が、献本を沢山持ってきていただけました。
やったー。
交流会でも本を交換していただけました。
ありがとうございます。

【献本頂いた本】※敬称略

・サマーキャンプ2(藤丸心太/サマーキャンプ)
ゲイでショタで部活だそうです。
どきどき。

・漫画雑誌・月刊架空九月号
お隣のサークルさんでした。
「すごいかっこいい本沢山作ってるんだなー」と思ったら、一冊頂いてしまいました。
「ガロ」を意識した本格漫画雑誌のようです。

・甘いものは別冊(渋澤怜)
ご挨拶に伺ったときに頂いた、無料配布誌。
表紙がかわいい!ていうかおいしそうだ。

・マッシュ・マロウ氏の日々のすごし方(Shin'ya Shinri/ショコメヰト)
かわいい袋に入れて下さいました。
表紙にテープというか、レースが貼ってあってすごい凝ってます。

・Kulturtrieb-G vol.2(学習院大学表象文化研究会)
鈴木氏が交流会で「ことのは」松永氏とお話ししていたところに混ぜて頂きまして。
参加サークルをとぅぎゃってた時に気になった一冊だったのでうれしいです。

・Memento-Mori(コウ)
ツイッターではお見かけしていたのですが、わざわざブースにお立ち寄りくださいました。
名刺もかわいいなー。

・Sister(J-16:柳川麻衣/痛覚+Wilhelmina)
柳川さんにもわざわざ来ていただきました。
概念部たのしみです、と言われて舞い上がりました。

・InsideOut
フリーマガジン。
ええと、ブースに持ってきてくれたのかな…。
意識が朦朧としていたので記憶が曖昧です。

・あなたを、ずっと(御月さくら/翼鈴)
ご本人不在ということで、売り子さんに献本を預かって頂くために伺ったら、献本返しされてしまいました。
もしかしてラスト一冊だったのかも

・ハルシオン
・美しい血肉
・僕を救う手(恣意セシル)
交流会でお話しした時に頂きました。
詩と小説のようです。
朦朧としていてお名前呼び間違えてすみませんでした…

・水に咲く花(日野裕太郎/下町飲酒会駄文支部)
文庫サイズでカバーがかかってる!すてきだ!
日野さんには朝から絆創膏貰ったりして色々ありがとうございました。

・南国の鳥(ヒガヒサ(久地加夜子)/phenyldruger(フェニルドラッガー)
紅葉屋さんに持ってきて頂きました。
無料配布なのに表紙がカラーだよ…

・モフモフのひつじの毛からおさとうの国のお姫さまへ(くまっこ/象印社)
装丁も中身もかわいいー。
おそろいで栞も付けてくれてる…!
豆本を、私の分だけでなくて発送用にも持ってきてくれてありがたいです。
ニイハオでは朦朧としていてすみませんでした…

・恋わずらい(壬生キヨム/cieliste)
CDだ!紙じゃない!
同封されてたペーパーの詩も素敵でした。

【ペーパー】

・みじんこ洞新聞(みじんこ洞/マイノリティ)
かつてご迷惑をおかけした、高円寺のミニコミとご飯のお店。
懲りずにまた行きたい。

・模索舎月報
みじんこ洞さんのブースに置いてあったペーパー。
新宿にあるミニコミの本屋さんのようです。
硬派な感じ。

・小高まあなさん
ある意味下手なコピー誌よりクオリティが高い名刺サイズのペーパー。
すごい。

【名刺など】

・小林不詳 さん(小林書店)

・佐藤亜希子 さん(鹿ソウル)

・藤井亮 さん(クリルタイのパセリさん)

・井上苗土己 さん


他にも、話したり、本を買ったり、手に取ったり、ペーパー貰ったりしてくれた方々、ありがとうございました!

覚えている限りでは、にちのさん(相変わらずキュートでした)、ゆりいかさん(美少女ではなかった…)、ぐんてさん(クオリティの高いJOJO立ち)、あまやん(わざわざありがとう!)、てむずさん(妖精さんでした)、桜井氏(黒髪もかっこいいぞ)、いおりさん(お着物でした)、青人さん(男性だと思ってました…)、紅葉屋さん(女性だと思ってました…)、茶渡さん(眼鏡イケメンでした)、神風さん(本、買いに行きたかったです…)、梅田さん(意外と若者でした)、クロフネさん(キエー!)、クサカベさん(朦朧としててすみません)、にゃんしーさん(おしゃれな方でした)、添嶋さん(おせんべいおいしかったです)、松永さん(スタンプラリー企画ありがとうございました)、ニセ生物さん(レッドブルうまかったです)、河原さん(こねこ連れ)、republic1963さん(トーク中うるさくてすみませんでした…)、事務局の望月さん(次回以降もよろしくお願いします)…and more!

とりあえず、頂いた本を読みます。たのしみ。

http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20110612
トラックバックしておく。

文学フリマ2011/6/12:一参加者として

一参加者としての、文学フリマ当日の雑感などを。

ますは、雨じゃなくてよかったですよね。
文学クラスタの日ごろの行いでしょうか。

うちは真後ろが早稲田文学さんだったので、昼過ぎくらいまで常にわさわさしてました。

なかなかブースから出られなかったのですが、うちのブースに関しては、配置のおかげもあって常に通る人がいる状態だったなあ、と。
買い物には行けなかったのですが、献本や差し入れは沢山頂きました。
ありがとうございます。

大交流会ではトークセッション中に大声で話して怒られたり。
(壇上で語られているのも文学だが、酒飲んで騒いで起こられるのも文学である)

ことのはの松永さんとお話ししたり。
編集のこととか、ソフトやツールのこととか。

松永さんとのお話に一区切りしたところで友人のところにもどったら、クオリティの高いジョジョ立ちが一大ブームだったり。
(ぐんてさん…)

そのあとはニイハオで餃子をつまみに、日野さんやクリルタイの皆さんと飲み直して。
ぶっちゃけトークでてむずさんをびびらせたり。
伊織さんとJR蒲田まで、小雨の降る中歩いたり。

あの、雨の道を、忘れないような気がする。

とにかく楽しかったし、蒲田は最後だったし。
次は平和島だし。
(私の行きつけの居酒屋の支店があるので、皆で飲みにいこうぜー)

楽しかったなあ。
疲れたけど、楽しい一日でした。

また、秋にも、こんな素敵な一日が用意されますように。

文フリオフィシャルブログはこちら→http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20110612

2011年6月13日 (月)

文フリおつかれさまでした!&次回予告

無事に文学フリマ、終了しました。
完売とまでは行かないけれど、企画誌も個人誌も売れました。
天候にも恵まれて、いい一日になりました。

一時期は頓挫するかと思われた企画誌が無事に出来上がったのは、企画参加者の皆さんと、励ましてくれたり、応援してくれたり、アドバイスをくれたり、一緒に飲んでくれたりした友人たちのおかげです。
ありがとうございます。
(次回のエントリで備忘も兼ねて「大人数企画誌のまとめ方」を上げようと思ってます)

次回の文学フリマは11月3日。
今回の企画参加者で友人の伊織さんのサークルに混ぜてもらって、青春部活小説「文聖学園・概念部」というのを出す予定です。
(最近は概念部期待されててちょっとうれしい)

もしかしたらまた、来年あたり企画誌出すかも、と今から考えてもいます。
次回はテーマアンソロがやりたいな!
「架空の学園」とか「空想上の生物」とか、そういうお題で!

皆様、またぜひ、懲りずによろしくお願いします。

2011年6月12日 (日)

Stardustrain

数多流れる星たちのなかから、一つを選んで願うように。
きらめく文字と物語の中から、ひときわの輝きをすくいだして。
文字たちの流星群を、貴方に。

願わくば、星の落ちた海や草原に、未訪のうつくしい王国があらんことを。

2011年6月10日 (金)

販売価格など

いよいよ当日まで二日。

110609_2022001

相沢の個人誌もできました。

さて、今回販売する価格ですが。

・企画誌:300円

・相沢個人誌:200円

ということになりました。
セットで買うと500円です。

ペーパーもありますよ。


110610_1745001

まだまだ準備中。

2011年6月 7日 (火)

文学フリマサークル参加者リスト

文学フリマにきて、とりあえずどこに行ったらいいのか分からない。
そんな時は、ぜひ当サークルにお立ち寄り下さい。
当日参加のサークルさんの作品も沢山掲載されてますし、立ち読みだけでも歓迎です。
(サンプルは二冊用意する予定…)
ペーパーもご用意しますよ。

さて。
企画参加者の皆様の中で、当日サークル参加する方の一覧です。
ご本人不参加のブースもありますので、詳しくは各サークルさんにお問い合わせください。


C-15:渋澤怜
C-18:桜井 夕也/CultTrash
D-03:日野裕太郎/下町飲酒会駄文支部●
D-10:藤丸心太/サマーキャンプ
D-13:青人(あおじん)/蛾々派
G-04:くまっこ/象印社
G-08:ありすうちゃ/ANGEL×ANGEL(つーえんじぇる)
G-09:ヒガヒサ(久地加夜子)/phenyldruger(フェニルドラッガー)●
G-09:紅葉屋(茶葉)/phenyldruger(フェニルドラッガー)
H-13:茶渡詠爾/在《XI》
I-16:微葉/Zumi/でこぼ工房
J-01:佐藤亜希子/鹿ソウル
J-16:柳川麻衣/痛覚+Wilhelmina
J-18:神風零/大和雪原
K-03:伊織/兎角毒苺團
L-16:Shin'ya Shinri/ショコメヰト
M-13:梅田 径/左隣のラスプーチン
N-04:泉由良/白昼社●
P-03:クサカベアヤ
Q-03:御月さくら/翼鈴
S-08:にゃんしー/ネコトコ●
S-15:添嶋 譲/空想少年はテキストデータの夢を見るか?
U-20:相沢ナナコ/Stardustrain●
V-18:ゆりいか/「放課後」編集部
ア-04:壬生キヨム/cieliste●
エ-01:松永英明/ことのは●


サークル名の後ろに●が付いているサークルさんがありますね。
これは「ことのは」さん主催のスタンプラリーに参加しているサークルさんです。
完走すると各サークルで用意している記念品がもらえるという楽しい企画ですので、こちらも是非ご参加ください。
もちろん、スタンプ貰いに来るだけでも大歓迎です。

あ、文フリ当日は大交流会という名の打ち上げもありますよ。

http://bunfree.net/

私も参加予定ですので、文学仲間を増やしたいという人はこちらもご参加されてはどうでしょう。
公式HPから参加申し込み受付中のようです。

2011年6月 5日 (日)

お試し企画参加者紹介6

隠しテーマを決めて編集した企画本ですが。
ここから先は「相沢の知り合い」セクションです。
いつもお世話になっております。


・マシーミ

才気あふれる美大生。
「どうぶつ隈取り」とか、すごくスタイリッシュでかっこいいです。


・D-03:日野裕太郎/下町飲酒会駄文支部

ばりばり創作しておられる、私の製本の師匠。
週に三回はカレーを作っている気がします。


・K-03:伊織/兎角毒苺團

作品はハイエンドで硬質な独特の異世界SF。
作風と本人が若干ずれているところもすてきです。


・河原あず

私がバイトしていたイベントハウス「東京カルチャーカルチャー」の社員さんです。
文章以外にも写真や音楽やイベント関係で活躍している様子。


・喉

作詞作曲を自ら手掛けるミュージシャン。
靴のかかとがこんなにきれいに割れている人を他に知りません。


・C-18:桜井 夕也

サイバーパンクでかっこいい詩を書く、詩人。
言語感覚と同じくらい本人もかっこいいんですが。


・天谷窓大

奈良に行って帰ってきた一万字をぎゅうぎゅうに詰め込んでくれました。
カルカルのテリーPとイベントをしたり、ナレーターをしたり、してるらしいです。


・たまに大阪

入稿が一番早かったはがき職人。
かなりインパクトがある作品です。トリです。

お試し企画参加者紹介5

紹介の続き。

・おじやしげき/せんぎりキャベツ

ラブコメですね。
幼馴染が起こしに来ています。


・V-18:ゆりいか/「放課後」編集部

ツイッター読書界でもおなじみ、非実在系文学美少女のゆりいかちゃんです。
今回は就活エッセイ。しみる。


・森 幸生

悩める青年の代表、森氏です。
ファーストキスの話。檸檬の味。


・D-13:青人(あおじん)/蛾々派

年を重ねることへの期待と不安を巧妙なレトリックで表現した短編。
私も最近アラサーになって、酒に弱くなりました。


・H-13:茶渡詠爾/在《XI》

近未来青春SF。
強気で凶暴な少女は好きです。


・犬ガオ

オンライン創作ウェブマガジン「ももこと」に以前お誘いいただきまして。
今回はあまり役に立たない上に同居している「神様」に関する五つの注意事項。
ドラえもんというよりオバQなのかな。

お試し企画参加者紹介4

参加者紹介の続き。


・藤原ヒヨリ

短編小説。現代ものかと思いきや、現代風ファンタジーなのかな。
鞠って、なんなんだろう。


・G-08:ありすうちゃ/ANGEL×ANGEL(つーえんじぇる)

異世界ファンタジー。
剣と魔法と、恋愛もの。


・Q-03:御月さくら/翼鈴

忘れられない味の紅茶にまつわる短編。
上品な味わいのファンタジー。


・ふわふわ

新型ケータイ、カーチャンタイプひよこ。
うるさそうでいやだなー…。


・I-16:微葉/Zumi/でこぼ工房

王位継承者と剣をめぐる異世界ファンタジー。
王子には彼を慕う可憐な妹がいるのです。


・P-03:クサカベアヤ

とある珈琲店に同じ時間に居合わせた人々にまつわる群像劇。
一見無関係に見える三人の関係とは…。

お試し企画参加者紹介3

引き続き。


・藍沢 誠

ミュージシャンということですが、結構ガチなSF短編を寄せてくれました。
人類滅亡とアンドロイドとAIロボットと最終戦争の話。
藍澤氏にも当日はお手伝いいただく予定です。


・C-15:渋澤怜

アイスクリームをモチーフにしたシュールな恋愛ショートショート。
プレゼント券つきですよ。


・G-09:ヒガヒサ(久地加夜子)/phenyldruger(フェニルドラッガー)

クトゥルフアンソロジー「狂宴」からの抜粋。
古城と執事と曰くのある絵の話。


・J-18:神風零/大和雪原

遺書という形式の、一人称の手紙。
誇り高い軍人の凛々しい魂が語りかけてくるような。


・G-09:紅葉屋(茶葉)/phenyldruger(フェニルドラッガー)

陶芸と妄想の、エロティックな短編小説。R-18。
土をこねる手つきというのは、見ようによってはとてもいやらしいですよね。


・U-20::相沢 ナナコ/Stardustrain

死体に見立てられて被写体となり、犯される少女の話。R-18。

お試し企画参加者紹介2

ひきつづき。


・てむず

短歌も詠むてむず氏ですが、今回はイラストです。
かわいい。
てむず氏には店番をお手伝いいただく予定。


・ア-04:壬生キヨム/cieliste

かわいいイラストと、短歌集から抜粋で五首。
字も手書きなのがかわいい。


・G-04:くまっこ/象印社

かわいい。(三回目)
不思議でかわいいファンタジー短編「花のうた」と「クマ王子とハチミツ」。


・L-16:Shin'ya Shinri/ショコメヰト

これも不思議でおいしそうなファンタジー短編。
はからずしもくまっこさんの隣で、甘そうな話が並んでいます。


・風城国子智/WindingWing

冒険者もの「願いを編んで」と、異形もの「その人、は」の二本の抜粋。
どちらも好きなモチーフですが、特に生活感にあふれた冒険者物がかっこいい。


・エ-01:松永英明/ことのは

今回の参加者の中で一番の有名人なのではないでしょうか、松永氏は。
紙面背景の「三菱東京UFJ銀行に合流した全銀行の系統図年表2010」も気になります。


・N-04:泉由良/白昼社

泉氏もビジュアル的にかっこいい原稿です。
既刊のタイトルが並んでるのも、一つずつが歌詞みたいでかっこいい。

お試し企画参加者紹介1

企画参加者の皆さんの紹介をするよー。
(重い腰を上げながら)

掲載順・敬称略です。
サークル参加者は名前の前にスペースNOを記載してあります。

・J-16:柳川麻衣/痛覚+Wilhelmina

字しかないのにかっこいい!という理由でトップバッターで掲載いたしました。
「夢と魔法の国」と「欲望」についての、きりっとしたエッセイが二本。


・S-08:にゃんしー/ネコトコ

レイアウトが自由な感じでかっこいい!という理由で二番手に。
誌の抜粋とすてきな写真。


・J-01:佐藤亜希子/鹿ソウル

姉弟愛短編小説。
私にも弟はいるけれど、そんなに可愛くも思わないのでうらやましいです。


・D-10:藤丸心太/サマーキャンプ

青春小説の抜粋が三本分。
抜粋だけれど、読むとなんだか懐かしいような甘酸っぱい気分になります。


・黒部だむお

切ない短編恋愛小説。
作品がツイッターの印象とかなり違うのでおどろきました。


・M-13:梅田 径/左隣のラスプーチン

原発と、シュレーディンガーの猫に関する、エッセイ。
シュールなような皮肉なような。


・八柳 隆三/紙風船工房

八柳氏によるおすすめのサークル紹介です。
新たなサークルを探している方に。


・S-15:添嶋 譲/空想少年はテキストデータの夢を見るか?

短編小説。
添嶋氏の小説はたまに怖いくらい冷徹で、突き放してくる印象。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »